映日堂

ほろほろくちどけよい日記

岡山弁はええぞ

f:id:asagimone:20211103191217p:plain

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」がスタートした。

最初の舞台が岡山じゃけん、ドラマ内でもバリバリ岡山弁が使われとるな。というわけで今回は、岡山出身のわたしが岡山弁でブログを書いてみるわ。読みにきいかもしれんけど、ついてきてな〜。

さて、岡山弁といえばみなさんはどんな有名人を思い浮かべるかな?たぶん漫才コンビ「千鳥」と答える人が多いじゃろうな。

でも、千鳥は好きじゃけど個人的に彼らの岡山弁は正統派じゃない気がするんよなあ。なぜかはわからんけど。だから朝ドラの岡山弁が「千鳥の漫才のようだ」と評されてるのを見て、そうかしら……となった。

ネイティブな岡山弁だったら、アーティストの藤井風さんがしゃべるところを聞いてみられえ。あの人は自身の曲に「何なんw」ていう岡山弁のタイトルまでつけちゃうくらい、生粋の岡山県人なんよ。一人称も「わし」じゃけんな。

ところで、岡山弁といえばこんな記憶がある。あさのあつこ著『バッテリー』を読んでいたときのこと。

この小説は岡山の田舎が舞台で、地元のキャラクターは岡山弁を話す。そのセリフの中で1つだけ、注釈がついている岡山弁があったんよ。

それが「おえん」。「だめだ」という意味でわたしもふだんからよう使っとったから、これが全国では通じんのか……とちょっと驚いたことを覚えとる。

ちなみにわたしの夫は広島出身で、広島と岡山は方言もよう似とる。だから「おえん」も通じるか試してみたら、キョトンとされてしもうてウケたわ。今では夫もおもしろがって「おえんおえん」て連呼しとるけどな。

岡山弁は語尾に「〜じゃ」と濁った音がつくから、あまりきれいな方言ではないかもしれん。でもな、わたしにとっては1番しゃべりやすい言葉じゃけん、他県に引っ越した今でもバリバリ岡山弁を話しとる。

実は、岡山弁は意外とクセが弱いんよ。イントネーションは標準語に近いから、関西弁や東北弁とかと比べて気付かれんことが多い。特に敬語で話してると岡山弁にはならん。

だから、去年兵庫県に引っ越してきてからも「方言でないね」と言われることが多くてな。わたしの岡山弁を聞ける人は敬語で話さん相手に限られるってことじゃ。

まあそんな感じで、岡山弁での岡山弁談義はここらにしとこうか。普段しゃべっとる言葉で書くっていうのも、けっこう楽しいもんじゃな。また気が向いたらやるかもしれん。わたしの岡山弁がどこまで正しいかは知らんけどな……

みなさま、晴れの国おかやまをどうぞご贔屓に〜!