映日堂

ほろほろくちどけよい日記

おいしいものをおいしく食べられる幸せ

本日は結婚記念日を祝おうDAY。早起きしていざおでかけへ。

まずはショッピングモールで夏服を見る予定だったけれど、早く支度が整ったのでその前に寄り道して公園へ行くことにした。

初めて立ち寄ったその公園は海のすぐそばで、高台にのぼると気持ちが良い景色が広がっていた。木々が生い茂る遊歩道と、その向こうに広がる海。自然って最高だぜ……と思いながらさわやかな風を感じていると、なんだか鼻がむずむず。おや、と思っている間にどんどん悪化していき、どうやら雑草アレルギー的なものではと思い至る。

わたしはちょうど今くらい、梅雨に入る前の夏の始まりっぽい季節が好きだ。木々の緑が濃くなり、日差しは強いけれど風は涼しく心地よい。でも気温差の激しいこの時期は体調を崩しやすいときでもある。一番好きな季節が一番しんどくもあるというのはなかなかにつらい。そしてさらにアレルギー症状もわたしを苦しめるのか……とやり切れない思いを抱え、鼻をぐじぐじさせながら公園を後にした。

ショッピングモールではお目当ての服屋さんを訪れるも、残念ながら収穫はなかった。不思議なもので、服屋さんに行くと「これだ!」というものがいくつもあって予算内に収めるのに苦労するときと、まったくピンとくる服がないときの二択しかない。今回は後者だったということで、潔く諦めることにする。

さて、実はこのおでかけのメインイベントはここから。帰りにお寿司屋さんに寄ってお昼をお持ち帰りするのだ。しかも回らないお寿司。記念日なのでちょっといいものを食べようと夫が提案してくれた。わたしは寿司を食わせておけばご機嫌なので、「最高じゃないか」と即採用した。

初めて訪れたそこは個人経営のこじんまりしたお店で、入ってみると地元の常連さんらしきお客さんが楽しそうに食事をしていた。持ち帰り用メニューを見せてもらって注文し出来上がりを待つ間、女将さんが冷たいお茶を出してくれた。こういうおもてなしを受けるとすごくあったかい気持ちになる。

帰宅して、さっそく寿司を食べる。うまい。寿司はなんでもうまいと思うが、普段食べる回転寿司とかの数段上のうまさだ。「マグロが分厚いね」「穴子、本来の味がする(?)」などど庶民の会話をしながら夢中で食べた。

さらにおやつには、ショッピングモールで買ったミスドを食べた。寿司にドーナツに、なんて贅沢な日なんだ。おいしいものをおいしく食べられる幸せ。

夜、なんだか尻が痛いなと思ったら、歩き疲れて筋肉痛になったようだった。といっても、ショッピングモール内を行ったり来たりしただけだが……?自分の運動不足をひしひしと感じて、これはちょっとやばいんじゃないかと危機感を覚えた。

そして鼻炎っぽい症状も治らず、これから寝るぞというときにピークを迎えてしまった。かみすぎて鼻の下がヒリヒリしてきた。楽しい1日の締めくくりが鼻炎と尻の筋肉痛とはなんだか悲しいが、まあこんなものかなとも思う。