映日堂

ほろほろくちどけよい日記

狂ったようにソリティアばかりやさられて戸惑っているだろうな

Switchのゲームソフト、アソビ大全を買った。ボードゲームをはじめとした古今東西のさまざまなゲームが遊べるやつだ。だいぶん前に発売されたものだし今更感もあるけど、ずっと気になってて。

このタイミングで踏み切ったきっかけとしては「麻雀を覚えたい」という話からだった。アソビ大全の中にも麻雀が入っていて、それを使ってルールとかを覚えてみるか!と思い立ったのだ。

ところが、本当に全くルールを知らないわたしに、夫は「いきなりやると訳わからなくてイヤになると思う」と忠告してきた。まずは夫がプレイするのを横から見て、何となく把握してからのほうが絶対いいよ!と。忍耐力のないわたしのことを良く理解した指摘である。

でもせっかく買ったんだからなにかやりたいな〜と収録されているゲームを見ていくと、あれがあるではないか。ソリティア

さいころ家のパソコンに入っていてたまにやってたな、懐かしいなと何の気なしにプレイし始めたのが運の尽き。気づいたらぶっ通しで3時間くらいプレイしていた。待って、ソリティアってこんなにおもしろかったっけ……??

そこから毎日飽きもせず、隙間時間に黙々とソリティアをやっている。アソビ大全も買われてから狂ったようにソリティアばかりやさられて戸惑っているだろうな……などと考えつつ。

わたしは一部のパズルゲームにどハマりする傾向がある。単純で、でも解けたら気持ちいい系。テトリスピクロスが今までの2大勢力だったんだけど、この度ソリティアもそこに仲間入りを果たした。

ソリティアは絶対に最後まで解けるとは限らない。途中で手詰まりになることもしばしばある。うまくやればクリア率も上がるのかもだけど、わたしは適当にやってるので割とよく詰まる。でもそれが逆に、クリアできた時の快感を倍増させるんだな……。

で、ソリティアにのめり込んで1週間近くが過ぎた今日。さすがに他のゲームも遊んでみるかな……と物色してみたところ、麻雀ソリティアなるものの存在に気づく。またソリティアじゃねえか!!!というのは置いといて、これもまた最高にわたし好みで始めたらやめられないとまらない。

これも昔、ネットで似たのをやったことがあるなあと気づく。確かぱんぞう屋だったかな。麻雀牌が積まれていて、同じ牌同士を選択して消していくんだけど、小さい頃はルールがよくわからず最後まで消し切ったことはなかった気がする。

大人になってちゃんとルール説明を聞いた今、「ああ、そういうことだったのね」とようやく理解した。このゲームもまた楽しいんだ……牌を全部消し切ったときの快感といったら!

というわけで、アソビ大全はまじで買ってよかったです。たぶん「みんなでわいわい楽しむ」ことを想定してつくられたゲームだと思うけど、1人でも永遠に遊べる。ソリティア→麻雀ソリティアピクロステトリスの無限ループでいつまでも暇つぶしできる個人的神ゲーだった。