映日堂

ほろほろくちどけよい日記

サンドバッグとしてのブログ

夫をサンドバッグにしている。

こう書くとかなり物騒になるが、結果としてそうなっているように思うのだ。

というのも、わたしは現在心身の不調によってなかなか思うようにならない日々を送っている。その辛さを話す相手が夫くらいしかおらず、毎日愚痴を聞いてもらっているという話だ。

その行為がわたしのストレス発散に少なからずなっており、まるで夫をサンドバッグにしているようだと感じたのである。

これはよくない。夫は優しいので「自分にできることがあればするよ、話も聞くよ」と言ってくれる。しかし、夫も1人の人間。辛い話を永遠と聞かされ続ければ、精神に影響があるだろう。

そこで、きちんとした(誰にも迷惑をかけない)サンドバッグを探すことにした。そうして思い至ったのがブログである。

ブログ自体は数年書いてきたが、そこでは外面の良い自分を演じてきた。自分を曝け出すというのは、わたしの苦手分野だ。

しかし、今がやるときかもしれない。夫からも、素の自分をもう少し出したほうが楽になれるのではと助言をもらったのだった。

先述したように、わたしの話し相手はほば夫のみ。しかもわたしはどちらかというとおしゃべりで、夫の負担になっていることは間違いない。そりゃ現実世界で友人と話すのが1番の解決策だが、今暮らしている場所は地元から離れていて知り合いがほとんどいない(そもそも友達も少ないが)。

ブログに話し相手になってもらおう。そして、時にはサンドバッグにもなってもらう。どうしようもないわたしの全てを受け止めてくれ。